なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「(ランチ)60.グリーンカレー&ガパオ 800円」@ポム タイ料理の写真平日の12時半に到着。なかなか来ることのないこの界隈で、本格的なタイ料理を提供していると聞いて来店。シンプルな外観で、入店するとほぼ満席。一番奥の席に案内され、一度食べてみたかった掲題のコンビネーションのメニューをオーダー。「辛くしてもらえますか」と聞くと、「70%?」。かなり辛い料理を提供するとも聞いていたので、それで頷くことに。待っているとテイクアウトで来店するお客も多いと思った。

出てきたセットは典型的なタイランチというビジュアルで、サラダ的な生春巻に澄んだスープにタピオカのデザートにメインというラインナップ。メインもカイダーオがタイ米の上にあり、ガパオもホーリーバジルが細かく入っていて本格感があった。グリーンカレーであるが、タイ茄子が入っているのが特徴的で、これもこだわりがあると思った。まずはそのまま食べてみると、ココナッツや複数のタイハーブ系が効いて美味しいが、あまり辛くない。70%ではなく30%かな~。たぶん忘れたんだろうと思った・・・残念。故にココナッツ系の甘さがやや目立つ。ライスにかけて食べてみると、タイ米の香ばしさがスープ状のカレーと相俟って美味しい!ライスは大盛無料であるが、普通にしてもらった。ライスは炊き加減・クオリティ共に良いと思った。食べ進むとタイハーブが結構効いているゆように感じられた。具材は鶏肉・タイ茄子・ピーマンとパプリカ片で、半分のタイ茄子は硬めの仕様で美味しい!癖の無い美味しさであった。他の具材も素材がいいと思った。ちなみにガパオは肉の弾力のある仕様にバジルがしっかりと効いており、美味しく食べることができた。カイダーオもカレーやガパオに併せて食べて一体感があった。

ランチセットとしては素晴らしく、生春巻・スープ・デザートも納得の行くクオリティであった。カレーについては、ココナッツとハーブが効いているのが特徴的で、タイ茄子も個性的であった。ライスも含め丁寧に作られているカレーだと思ったが、辛さについてはとても惜しい。シェフが普段食べる辛さで食べたかったなあ・・・。やはり夜に行くべきお店かなと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。