なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

一応日替わりインドカレーとなっていたので…インドカレーなのかな、これ。

挽肉や豆、トマトなどが具に入っていて、茹で卵を半分に切ったものがゴロゴロ入ったカレーです。例によってご飯はかなり多め、ルーもカップから溢れんばかりに入っていて、値段は高めですがその分満足度も高いかなと。

特に茹で卵が良いアクセントになっていますね。このメニューは日替わりなのでレギュラーではありませんが、お店の外に日替わりメニューは出ていますので、見かけたら食べてみると良いんじゃないでしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「グリーンカレー 800円」@タイレストラン JIMJUMの写真相変わらずのクォリティと味で、
店主ママの拘りを感じられる素敵なカレー!

このところ、洗い物を減らす為か皿1枚にカレー
もライスも一緒盛りにしている。味は変わらない
だろうが、どうも別盛りでないと旨そうじゃない。

タイカレーはやっぱり、ジャスミンライスと
カレーが別器で提供された方が雰囲気は出る。。。

ま、この価格でこれだけ旨いので文句は無いんだが。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

「デラックスカレーコース(ビーフ)」@グランドルート66の写真カレー、サラダ、ポテトサラダ、コーヒー又は紅茶、チーズケーキ(4種類から)で1500円です。
カレーの味は奥が深く、甘口系でおいしいです。ポテトサラダはレーズン入で個人的には大好きです。
チーズケーキはいつもNYチーズケーキを頼んでおり、文句なしです。
店内はスペースがあまりないので、お昼時は混みあっている時が多いですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛すじカレー 680円(税別)」@ます家 芝大門店の写真2018/02/18 カレー喰いてー。
少し前にランチメニューにカレーがなくなっていた、
と思っていた此方。土日限定でランチメニューに標題がありました!
一度スパイシーカレーだかを食べたことあり。当然、突撃です。
流石休日。お昼から呑っている先客。羨ましす。
ならばと、標題と生ビールを発注。おビールうめー。
カウンター越しに供された標題は、牛すじカレーではなく、牛もつカレー。
何か、得した気分。白もつやら、ハチノスやら、いろいろ入っています。
でも臭みは一切なし。ルーは家カレーのような緩さ。辛さ控えめ。
いいねー。またお邪魔しましょう。ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー丼 750円(だったかな)」@手打ち蕎麦 あずみ野の写真2018/02/11 訳あって、今、何かと話題の足立区へ。
日曜日なので飲食店もお休みのお店が多いです。
カレー丼と云えば、陶器の丼を連想しますが、此方は違います。
黒いプラッチックの定食ライス用のヤツ。しかも上げ底ではありません。
カレーは正にお蕎麦屋さんのソレ。出汁が効いていて、辛さはほどほど。
細長く白いのは饂飩ではなく蒲鉾でした。ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ステーキのせカレー+牡蠣フライ+牡蠣クリームコロッケ」@銀座 楸の写真1,100円+牡蠣フライ(200円)+牡蠣クリームコロッケ(300円)。2018.02.19(月/有休)、11:30頃訪問。
数年前から気になっていて、やっと来た。先客1人、20分で後客5人。1人客が多い。なかなか人気のランチスポットのようだ。
店主がワンオペでまわしている。卓上には福神漬。

先に水と、ミニサラダ、デザートが配膳。
ミニサラダはレタスとスプラウト。胡麻油の香る中華系っぽいドレがちゃんとかかっていて旨い。
ステーキ焼きあがりと、フライの揚がりとともに、ほどなくカレーが提供。

欧風っぽい風味の黒いカレー。
ネット情報によると、継ぎ足しで作られているようだ。
生クリームがカレーの上にまわしがけられていて、少しクリィミィさも。
ルゥは粘度少し。焙煎のような香ばしさあり。苦みはあるかないかくらい。
ソースっぽさを少し感じる欧風バランスで、スパイス感は強くない。
コクは深く、しっかりとしているが、塩気は適度。
序盤は微かに甘みも感じるくらいだが、後半ピリ辛に。ちょうどいい。

ライスは恐らく日本米。いい炊き加減でモチっとしている。
ライス周りを見るとルゥが少なく見えるが、中心部はライスの底までしっかり染みていて、いいバランス。
ルゥとライスの相乗効果が高い気がする。しっかりとした味わいのルゥもライス効果で、コクはありながらも意外とさらりとした印象に。
ライス量は普通。

牛ロースステーキはイメージより大きくないものの、表面コンガリに、中はレア。
塩胡椒がやや多めに表面に振られていて、牛の味わいとちょうどよく旨い。
カレーと混ぜて食べると牛の味わいはかなり弱くなってしまうので、単品で食べるのがベスト。
牡蠣ソテーはプリッと。薄く塩味。焼かれた表面が絶妙な硬さで、中は少し生部分を残している。苦手な焼き牡蠣風味が少なく旨い。

牡蠣フライ、牡蠣クリームコロッケはサックリ衣にソースが少しかかっている。
フライの中の牡蠣はプルッと弾力の少しある食感。旨い。
コロッケはクリィミィなホワイトホースの中に柔らかい牡蠣が。チーズを練り込んだクリームとのことだが、チーズ感はほとんどわからなかった。
ともにそのままでも旨いし、カレーにもよく合う。コロッケのクリームは味変にもいい。

腹7.5分くらいで完食。ヨーグルトはブルーベリーソース。甘すぎずひと安心。
ステーキカレー。個人的に期待を上回るものが多くなかったのだが、コチラの肉はちゃんと旨かった。カレーとの相性は良くなかったが、そもそもステーキとカレーの相性が良くないというw
牡蠣は専門店だけあってしっかりしている。それ以上に、実はそこまで期待をしていなかったカレーがしっかりと旨かったのが満足。
トッピングがやや高めの印象だが、素材と場所を考えると適正価格なのだろう。
ランチのデフォメニューはコスパがいい。点数はCP抜き。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーセージスープカレー(1辛)  1055円」@カレーハウスCoCo壱番屋 東武浅草駅前店の写真1度に2人前のカレー弁当を頼んでおいた。
翌日もカレーを食べて薬飲んで寝る…という
作戦にしたからである。だからスープカレーに!

微妙なカレーの出汁スープの風味はやはりよく
分からなくて風邪を恨む。ソーセージの食感と
強い風味のみが主張してくるのは流石である…。

キャベツ・茄子等のあっさり系野菜と良く合う!
ただ、同じ1人前なのにライス量が200gと少なめ。
どうしてそんなケチ臭い設定なんだろうか。。。

『ココ壱』のスープカレーはやはり熱々の状態で
頂かないとその美味しさが半減するので、レンチン
具合もガッツリと温めて食べた!お陰で身体も十分
温まったと思われる。その後の薬も良く効いた…!

ご馳走様。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「グランドマザーカレー(1辛)  967円」@カレーハウスCoCo壱番屋 東武浅草駅前店の写真数年振りに風邪をこじらせ、
自宅で寝込んでいた為に「出前館」経由で
『CoCo壱番屋』のカレー弁当を注文した。。。

風邪で動けない時の出前は本当に助かるが、
カレー単品が結構高いし送料は取るし…で、
『ココ壱』には決して良いCPのイメージは無い!

無難中の無難カレーとも言える「グランドマザー」。
ゴロゴロ野菜に厚い豚肉が中々に食べ応えがある。

「1辛」の感じや、出来立てから少し時間が経って
しまってからのカレーの粘度の落ち方等、独特の
旨味や口当たりもこうして風邪だと鈍くなっている。

普遍的な旨さも何となくぼんやりしてしまって、
味が流石にいつもより良く分からなくて残念である。

だが、流石『ココ壱』だったのが、
ここ何日も食欲が無く体力も衰えていたのに、
カレーを見た途端食欲が少し復活して確りと1人前
の量が食べられた!こうなると回復も早い。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

欧風という甘めのカレーはやはり自分の好みとは違うのかなと思った
欧風カレー好きにはよいお店かもしれない

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鯛の頭・カレー ベンガルホームスタイル」@ビストロひつじや 神田店の写真890円。2018.02.12(月/祝)、12:00前に訪問。先客3組、後客もチラホラ続々と。店員インド人。温かいおしぼりが提供される。卓上には麦茶、オリーブオイル、塩。
ラッサムベースの鯖カレーと迷うがこちらで。羊も食べたかったのでB. スペアリブとシシカバブのセット(670円)ライス抜きも。60円と安いので、チコリのコーヒー60円も。
BGMは60~80年代ロック寄りの洋楽が静かに。

まずはランチサービスのパンが。オリーブオイルで少し食べ、取っておく。
15分弱待ってフィッシュヘッドカレーとBセットがほぼ同時に配膳。

鯛頭カレー。デカい。。ターリー皿に入り切っておらず、傾いているw
かなりオイリーで、オイルの中にグレィヴィが浮かんでいる感じ。
トマト、タマネギ、ニンニク、生姜。スパイスはバランスよく適度に。
塩気がかなり強い。千切り生姜はいいアクセント。
辛さは最初は感じなかったが、段々と辛くなってきて、ピリ辛ちょいに。ちょうどいい。

鯛の頭。スプーン、フォークで食べようと思っていたのだが、身を外すのがかったるく、手食に。
焼かれて(揚げられて?)いて、スパイスがよく馴染んでいる。
表面パリパリに、身はフワッと。鯛の味もしっかりとしていて、旨い。
バラすと結構な身の量に。目玉までほぼ余さずに。コレは日本人ならでは? インド人がどこまで身をこそぎ取って食べるのか、見てみたいところ。
大きめのカリフラワーがふたつ。自然な甘み。ジャガイモひとつは普通。

ライスは日本米。もっちりしているので、手食はしやすい。
パンでも食べたが、ライスのほうがやはり合う。

後半、塩気が段々とキツくなってきた。
ブレかもしれないが、ちょっと塩が強すぎるかも。

Bセット。(料理写真参照)
ラムチョップ。日比谷のひつじやの1本200円ラムチョップ(改装後に提供がなくなったという噂も)が旨くて期待していたのだが。。焦げ焦げなのは同時注文だったのもあるかもしれないが、羊味もやや弱い。コレはちょっと残念。
シシケバブは期待を裏切らない風味の良さ。トマトソースもよく合う。
2本ずつ+ライス等セットで670円なのでコスパはやはり最強。

サラダはイタリアンっぽいドレッシング。トマト、キャベツ、レタスと人参少しに、キュウリ。ドレも少なくなく、普通に旨い。
スープは洋風。硬めの玉葱入り。メニューとの相性にもよるが、コレがラッサム系だったら最高なんだけれどもなぁ。コスパが良過ぎるので、そこまで求めてはいけないか。。

チコリのコーヒーはメニューを見ると、珈琲豆不使用とのこと。かわりにチコリの根を使っているらしい。
ミルク入りでチャイっぽい仕様での配膳。砂糖、シロップも付いてくる。
初めて飲んだが、ちゃんとコーヒーっぽい味わい。ノンカフェインで体にいいそう。面白い。

腹一杯で、ライスを少し残してしまった。
塩気がちょっと気になったが、ひつじや、やはり間違いない。安いし。
夜メニューも面白そうなものがたくさんあって気になる。夜はCP適度っぽいが。
点数はCP込。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件