なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ミニひれカレーかつ丼セット(¥580)」@富士そば 西武新宿店の写真ハイコストパフォーマンスセット!

本日はコチラ「富士そば 西武新宿店」へ伺い「ミニひれカレーかつ丼セット」を頂いて参りました。場所は職安通り、明治通りから向かって西武線のガード手前脇道にお店はあります。

本当はなぜ蕎麦にラー油をいれるのか。 西武新宿店へ行くつもりだったのですが、中休み時間だったみたいで、「準備中」の看板が掲げられていたため、保険として考えていた訳では無かったのですが、通りを挟んで反対側にコチラのお店を発見、伺った次第です。

メニューを見てセットものを頂こうと外のディスプレイを凝視。値引額、値引率ともに高いのは肉富士ラー油丼セットですが、ラー油丼に惹かれるものが無く、ナンバー2である「ミニひれカレーかつ丼セット」をセレクト。頂いて参りました。ミニカレーセットにプラス¥50でヒレカツ玉子とじがトッピングされる訳ですから、これを選ばない理由はありません。

<セットメニュー(一部)>
・かつ丼セット:定価790、提供¥720、値引¥70(値引率:8.9%)
・カレーかつ丼セット:定価870、提供¥770、値引¥100(値引率:11.5%)
・肉富士ラー油丼セット:定価800、提供¥680、値引¥120(値引率:15.0%)
・ミニひれカレーかつ丼セット:定価¥660、提供¥580、値引¥80(値引率:12.1%)
・ミニネギチャーシュー丼セット:定価¥530、提供¥520、値引¥10(値引率:1.9%)
・ミニ豚しゃぶ丼セット:定価¥540、提供¥530、値引¥10(値引率:1.9%)
・ミニカレーセット:定価¥540、提供¥530、値引¥10(値引率:1.9%)

お店に入り券売機は左右にあります。表題メニューを選んで食券を提示。「そばで!」と伝え、もぎられた半券を受け取ります。セルフでお冷を組んでカウンターに着席。男性店員さん2名のオペレーション。新宿らしく1人の店員さんは外国人の方ですね。程なくして呼ばれて取りに行きます。

さて「ミニひれカレーかつ丼セット」。そばはレギュラーサイズのかけそば。そばが伸びては寂しいので、先ずはそばを一気にススります。カウンターに置かれた七味唐辛子を掛けて頂けば、安定の富士そば品質。プラスもマイナスもありません。心持ち麺量が多い様な気がしたのは、何も具材が載っていないので、気持ち多めに盛ってくれた大将の心意気だと思われます。

続いてミニひれカレー丼を。基本のミニカレーに、ヒレカツ玉子とじがトッピングされたもの。以前も頂いたことはありますが、こんな組み合わせを考えてしまうところが富士そばイズムですよね。ヒレカツは直径7センチほどで、サクッとスプーンでカット出来る柔らかさ。玉子の火の通りもイイ塩梅の半熟加減。これは外国人の店員さんには一朝一夕で為せる技ではありませんね。

カレーについても辛味の少ない万人受け仕様。じゃがいも、人参も柔らかく煮込まれております。もちろん完食。ミニひれカレー丼のスープとして、おそばのつゆも完飲で、ご馳走様でした。

上記のセットの値段は富士そば 西武新宿店における値段なので、他店がどうなっているか分かりませんが、店舗限定メニューのみならず、色々気の抜けないところがあるのが、富士そばの面白いとこですね。再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトとハーブのベジカレー」@ジョワの写真想像を超えた感動があるポトフカレー@ポトフ料理ジョワ 新宿御苑

あるグルメな人におすすめされて、なかなか行けなかったのですがやっと行くことができました。

そのお店がポトフ料理ジョワです。

新宿御苑前駅から徒歩1分の好立地です。


◎良いポイント

●ランチのベジカレーが異常に美味しい

ポトフ料理専門店なのですが、ランチはポトフをベースにしたカレーを提供しています。

私はトマトとハーブのベジカレーを食べました。

このベジカレーが野菜の出汁がふんだんにでており、トマトの酸味とハーブの香り、そして鶏軟骨のひき肉のコリコリ感がたまらない素晴らしいカレーです。

正直言って、予想以上に美味しく久々に感動すら覚えた味でした。

こんな名店が新宿御苑前にあったなんて!

今度はランチのカレーではなく、夜の本格的なポトフを食べたいと思います。

ちなみに友人が食べていたパクチーのベジカレーもとっても美味しそうでした。


△その他のポイント

▲スープが終わってしまうと早めに閉店することがある

実は来店しようと思ったのは本日が初めてではなく、2回目になります。

13時30分がラストオーダーなのですが、13時20分頃行ったらすでにスープがなくなってしまっていてランチをすることができませんでした。

早め早めの来店をお勧めします。

▲12時過ぎには満席

私は開店直後の11時半頃に行ったので座ることができましたが、20席あるお店が12時過ぎには満席!

私たちが食べている時に満席になってしまい、何組か断っていました。

満席の場合は待つことも考えて時間に余裕を持っていきましょう。


☆まとめ

感動すら覚えるポトフのカレーでした。

新宿御苑前に行かれるのであれば、是非とも来店してほしい名店です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ろかプレート」@spicy curry 魯珈〜ろか〜の写真変化球だけど人生最高にうまいカレーを食べれる店

カレーにそこまで詳しいわけではありませんが、私が人生最高にうまいと思っているカレーは魯珈のカレーです。

大久保駅から徒歩五分程度のところにあります。


良い点

・魯肉飯とカレーの組み合わせは絶品
→台湾名物の魯肉飯とカレーを組み合わせた稀有な一品ですが、味は超一流。甘い魯肉飯と辛いカレーがここまでマッチするのかと感動するくらい美味しいです。

・店主の女性はキレイで接客も○
→ご自身でこの魯珈をはじめたそうなのですが、とても美人な方で細やかな接客と丁寧な言葉づかいは非常に好感をもてます。

その他の点

・昼時は最低1時間は並ぶ。2時間は覚悟したほうがいいかも。
→超人気店なのでかなり並びます。でも並ぶ価値がありますので、時間には余裕をもっていきましょう。お店の席数も少なめです。

まとめ

驚くほど美味しいカレーが食べれますので、機会を見つけてぜひ行ってほしいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カツカレー(¥680)」@レストラン ローザの写真カツカレー@赤坂御所

本日はコチラ「レストラン ローザ」へ伺い「カツカレー」を頂いて参りました。場所は青山通りを挟んで赤坂御所の南側。港区赤坂総合支所である赤坂コミュニティぷらざの4階にお店はあります。

基本的には港区役所職員のための福利厚生施設で、併せて来庁者向けのサービスと言う位置付けかと思われますが、赤坂コミュニティぷらざは広く一般の利用が可能なため(貸ホールや貸会議室など)、レストランも特に港区在勤/在住じゃなくても利用する事が可能です。

コチラの赤坂御所を眺めながらお食事する事が出来ると書きましたが、皇族のお屋敷を眺めることは出来ず、庭と作業小屋の一部が見える程度で、中の様子を窺い知ることは出来ません。

お店は入口に券売機。日替定食、カレー、ラーメン、そば、うどんとなかなかバラエティに飛んだメニューとなっております。本日は「カツカレー」をチョイス。ペパチケをカウンターに提示すると、「カツ揚げますので少々お待ち下さい!」と揚げたてオファー。同時に番号の書かれたプラチケが渡されますので、それを握りしめて待ちます。程なくしてプラチケ番号で呼ばれますのでカウンターに取りに行きます。

さて「カツカレー」。マカロニサラダもサイドディッシュとして付いてきました。カレー用のご飯と言う訳では無いはずですが、ご飯は硬めの炊き加減。まぁ、調理のオバちゃんの水加減次第かと思われます。真っ赤な福神漬が如何にもと言う雰囲気を醸し出しております。カレーは辛味を抑えた万人向けのもの。とんかつは薄い豚ロース。揚げたて故にサクサクの歯応えがイイ塩梅です。

カレーには人参、タマネギ、豚バラ肉が入れられておりますが、場所柄、基本は業務用ポークカレーに具材を入れて煮込んだものだと思われます。ご飯が多く、白飯と福神漬で食べたり、とんかつにソースを掛けて、ご飯が進むようにしたりと、白飯消費を熟考して食べなければイケないのは、ちょっと寂しいですね。マカロニサラダは、ミックスベジタブルが入れられ、マヨネーズで味付けされたもので、特筆するものはありません。もちろん完食。セルフなのでトレー、食器は返却場所に戻して、ご馳走様でした。

このカレーのレビューでレストラン ローザのラーメン、うどん、そば、カレーの4つを制覇!グランドスラム達成です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「カラアゲカレー(6個入り、800円)」@ジョイアルカレー 神田錦町店の写真素通りしていたが、神田カレーの準グランプリと言うことを思い出し、入ってみる。本日は成人の日なので、リーマンの姿はなく、家族連れや有人グループなどで5,6割の入り。1000円のビーフも気になったが、店の張り紙を見ると唐揚げ推しのようなので、そちらを。もちろん100円高いだけの6個入りをチョイス。

 まず唐揚げに拍手。そのへんの衣の固いものとは異次元。揚げたてさくさくで、アッチッチ。肉に醬油味が付いているので竜田揚げに近いか。いずれにしても、なかなか定食屋で登場するようなレベルで、唐揚げだけでライスが消えそうだ。

 揚げ物が良いと、ルーが残念なものが多いけれど、ここは違う。量をもっと多くしてもらいたい気もするが、なかなかスパイシーで本格的。辛さは強くはないものの、ピリピリして悪くはい。そしてコクがある。トマトのような野菜系のコクが、シッカリしている。揚げ物の入ったカレーなら、CPを考えれば、周辺で指折りだろう。

 福神漬けは存在していないが、代わりにタマネギのピクルスが。これも出来が良くて感心。名店ではないが、間違いなく良店だろう。近くのリーマンや学生には超オススメだ。感想を言えば、グランプリはマジではなく、こちらが正解だったのではないか。これからは、日常使いのカレー屋に昇格だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「オリジナルカレー380円(クーポンで350円)」@松屋 赤坂店の写真AKBの歌唱力NO.1決定戦の決勝に招待されたので、赤坂ACTシアターに行く事になりました。18時15分には入場しているようにとの事だったので、17時45分くらいに赤坂へ。時間はあまり無いですが、ここで腹ごしらえに松屋さんに行く事にしました。

 もう少し時間が有れば、最近発売された鍋膳を食べようかと思ったのですが、流石に鍋など食べていると時間が無くなると思い、リニューアルされてから食べていなかったカレーを食べてみる事にしました。前は330円でしたが、380円になっています。今回は以前貰ったクーポンで350円になりましたが、赤坂店は券売機2台のうちクーポン券のQRコードを読み取れるのが1台だけなので、その1台を使う事になります。

 注文時、前に3個弁当のお客さんが入ってしまったので時間がかかり、4分後に登場!

 カレー:リニューアルは分かるのか!?と思ったら結構違っていました。スパイシーなサラッとしたカレーの方向性はそのままで、ビーフカレーのようなビーフ感、コクが付与されていました。以前のカレーと比べてどちらが美味しいかは好みの差かなと言う位微妙な違いでした。50円の差がこの味の差だとしたら、以前の方が良いです。

 ご飯:ご飯は平皿の上にカレーと半分程度かぶるくらいの量が盛り付けられていました。ご飯はややパサで、水っぽいタイプのカレーとの相性としてはこの位が丁度良いのかもしれません。ご飯とカレーとのバランスは、ご飯45%・カレー55%くらいの比率でした。カレー比率が高いですが、油断してカレーをガンガン使ってしまうとご飯が余ってしまいます。今回は終盤ご飯余り気味になってしまいました。

 具:カレーの具材は殆ど見えなくなっていましたが、どうやらビーフ片が入っているようです。ビーフ片は5ミリくらいの小さな塊で、有るのか無いのかイマイチ分からないくらいでした。ほか福神漬け風の漬物が付いていました。黒に近い茶色で、ちょっと干からびてました。カレーとの相性は悪くないです。

 味噌汁は刻み揚げとわかめ。味は薄味でした。カレーは最初、以前ほど辛くないかなと思ったのですが、後からしっかり辛くなりました。ライバルチェーンである吉野家さんのカレーと比べると、30円高くなっていますが、カロリーは100キロカロリーも多いです。どちらが美味しいかは好みの世界だと思いますが、家庭的なドロッとしたカレーを食べたい気分なら吉野家、サラッとした辛味のあるカレーを食べたい気分なら松屋、とりあえずはそんな違いでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「やわらかチキンカツ(本日のインド風、790円)」@ジンコックの写真店の前を通ると、いつも満員の札がかかっている店。先日、時間があったので、並んでみる。7,8分で入店。カニクリームコロッケが人気だと言うが、初訪問なので「本日」からチョイス。席のキャパはテーブルが埋まっているとしても12人ほど。客のスペースは狭いが、意外に厨房は広い。そして注文してから15分近く待たされる。モタモタというよりも、仕事が丁寧だからだろう。いつも満員になっているのは、そんな理由からだろう。

 ルーはシャバ系のカシミール。一応インド風なので、カシミールは、どうなっているのだろ。多分、シャバ系は同じだが、スパイスの違いと想像する。

 極辛でも、そんなに辛くなく専門店の辛口より穏やか。一方、スパイシーさは、周辺の店ではトリコより上、べっぴん舎寄りは下か。レベルとしてはなかなかの香り、雰囲気で、カレー激戦区の中でも屈指のレベル。こんな店が未訪だったなんて、少し損した気分。

 カツも揚げてで、サクサクと言うよりフワフワ。この出来なら、文句なし。ルー、カツともに堪能。ここ一皿が790円というのは驚きだ。店に1月からの値上げのお知らせが張ってあった。もし値上げ後の価格なら、ちょっと信じられない。もし、この価格から値上げされても、全く高いと思わない。この近くなら、ルー・ド・メールと並び常用したい店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ホームランカレー(1000円)」@カレーの市民 アルバ 秋葉原本店の写真何年も前を素通りしていた店。どうも金沢カレーは好みではない。アキバの人気店なので試しに訪問。やはりルーが少なく、カレーを食べた気がしない。

 ルーは粘度があるものの、ご飯に比べ少なく不満。辛さはないが、そこそこコクがある。しかし、ちょっと客の入るカレーショップなら珍しくないレベル。カツは普通で驚きなし。海老フライは、そのへんの定食屋くらいのボリュームで、これは合格。ウインナーは安物ではなく、そこそこのレベル。目玉焼きは半熟で良い。しかしトッピングも、やはり驚きはない。

 ルーが少ないとカレーを食べているのか、揚げ物のカレー味を食べているのか分からなくなる。ゴーゴーよりは上と思うが、やはり好みから外れる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Bセットうどん(小)カレー 450円」@うどんのおがわ屋の写真2019/01/05 所用の前に腹拵え。以前から気になっていた此方。
ファストフード的ですが路麺よりもお店お店していました。
標題のボタンを選択。おばちゃんに渡してしばらくして呼ばれました。
小カレーは見た目それっぽいヤツですが、一口食べてビックリ!
ルーはバーモントフレーク業務用1kgみたいですが、ちょっぴりニンニク風味。
既製品ではなくオリジナルのようです。コレ、美味しいよ。
ご馳走さまでした。またお邪魔します。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
79

「カレー丼 650円」@さかえやの写真此方ではまだ未食の「カレー丼」!

「カレーライス」と違うのは圧倒的な
出汁感の味と具のシンプルさである…。

確りと片栗粉の効いたカレールウ!
薄切り豚肉と少しの長葱が具材である。

濃い鰹出汁の風味とカエシの風味が
カレー粉と混ざり、後味が苦み走った
タイプである。この辺も懐かしい味だ!

白飯の量もたっぷり!!
他にワカメ&ネギの味噌汁と大きな
お新香が付いてくる。で650円である。

この鰹出汁香るカレーの旨さが好い。
具材が少ないので、他の蕎麦か何かと
合わせて食べるのがベターかもしれない。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件